遠隔温度監視と異常警報システム

モバイル式コンクリート養生温度管理システム概略図

コンクリート温度、養生内温度、外気温を同時計測

おんどロイドは、コンクリート養生温度管理をするために、コンクリート温度のほか、コンクリート養生内の気温、外気の温度という3種類の温度計測を同時に行い、養生中のコンクリート温度が適切かどうかを24時間常時計測します。

計測されたデータは、無線ターミナルを介してモバイル通信(docomo「FOMA」回線・KDDI「au」回線に対応)経由で専用のクラウドサーバ上に記録され、インターネット上でいつでも遠隔監視できます。

T&D社製「おんどとり」を、携帯電話網を利用したモバイル通信によるデータ収集と、クラウドサーバーを活用したデータの記録・保存・解析に対応させたことにより、従来にない高品質な温度管理を実現することが可能になりました。

さらに、新たに衛星通信に対応したことにより、携帯電話の通信圏外、難通信地域を含む広範なエリアにおけるデータ計測・遠隔監視を実現しています。

なお、おんどロイドは「モバイル式コンクリート養生温度管理システム」として、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されています(登録番号:HK-100021-VE)。

養生温度計測の様子
外気温度計測の様子

異常時はシステムが自動的に警報発信

システムにはあらかじめ各計測ポイントの上限温度・下限温度を登録しておきます。これにより、万一計測データに異常値(上限・下限をオーバーした値)が見つかった場合に、システムが自動的に異常通知信号を発信することができます。

異常通知は、あらかじめ登録された担当者宛てにメールで配信されるほか、システムに接続された各種警報器(パトランプ、ブザー、サイレン、電光板等)との連動により、周囲に光や音で周知され、早期対応を促します。

従来普及しているシステムでは、測定温度は計測器内に記録されるだけで、そばに監視員を配置する以外に異常値を即座に知る手立てはありません。

工事時間外や深夜、土日などの休工日に異常が発生した場合は対応できず、そのコンクリート品質は信頼できないものになってしまいます。

おんどロイドはそうした問題を解消し、優れたコンクリート品質を確保するのにご活用いただけます。

事務所に遠隔パトランプを設置
緊急通報メール受信

繰り返し使用可能な熱電対センサー

養生中のコンクリート温度を計測する際、通常の温度センサーは生コンクリートに直接埋め込んで使用しますが、その際に使用した温度センサーは、コンクリートが硬化して計測が終了しても再利用せず、埋め込んだまま廃棄されます。

そのため、通常の温度センサーは一度の利用で使い捨てとなってしまいますが、熱電対センサーはコンクリートに埋設した部分だけを切断し、先端を再加工することで残りの部分を繰り返し使用することが可能です。

熱電対センサーであればリード線の長さの分だけご使用いただけるため、ランニングコストを抑えた温度測定をおこなうことができます。

ページトップへ戻る